HOME保健事業のあらまし病気の予防人間ドック
病気の予防

●人間ドック(一泊人間ドックは補助の対象外です)
当健保組合の人間ドックは、以下の項目すべてにご了解いただける方がお申し込みください。
対象者 ・35歳以上(平成30年4月1日現在)の被保険者および被扶養者
※昭和58年4月2日以前生れの方。
※集合契約による特定健診及び生活習慣病予防健診を受診された方
実施期間 平成30年4月1日〜平成31年3月31日
基本的に9月までに受診してください。

【理由】(以下の法的義務を果たすため、ご協力ください)
健保組合は高齢者医療確保法による期限内の特定健康診査および保健指導結果の報告をしなければなりません。
事業所は労働安全衛生法による年度内の定期健康診断と事後措置の実施および結果報告書の提出をしなければなりません。
受診回数 1人あたり年度内1回
健診機関
契約健診機関
  健康保険組合連合会(本部及び都道府県)が契約している健診機関及び直接契約している健診機関(「平成30年度契約健診機関一覧」を参照)
<契約外の健診機関での受診>
  地域的に契約健診機関がない場合、または継続的に特定の医療機関で受診している場合のみ可。
検査項目
「平成30年度基本検査項目」を参照くわしくはこちら
  契約外健診機関で受診する場合は、事前に「平成30年度基本検査項目」を満たしていることを確認したうえで、また、人間ドックを定期健康診断(会社で行う健康診断)の代わりに受診する場合は、定期健康診断の検査項目を満たしていることを確認したうえで受診してください。
オプション検査、追加検査(例えば胃内視鏡検査、HCV抗体検査、脳ドック、骨粗しょう症検査など)を受けた場合は自己負担となります。
ただし、同一料金で上部消化器官X線検査を胃内視鏡検査に変更可能な場合、胃内視鏡検査を選択していただいても結構です。
健診料
「平成30年度契約健診機関一覧表」に掲げる料金(税込)くわしくはこちら
契約外健診機関で受診した場合は、検査項目の内容を確認したうえで決定します。
上限(税込)は54,000までです(超過分は自己負担となります)。
受診者の
一部負担金
健診料(税込)の5割(100円未満切り捨て)
受診方法
受診を希望する方は、各自で健診機関に予約してください。
【契約健診機関予約時の留意事項】
  1. 契約形態の確認
    契約健診機関一覧 こちら にて、予約を行う健診機関が、
    「健保連契約」か否か確認する。
    (右端に※印がある健診機関「健保連契約」
  2. 「健保連契約」の健診機関へは、以下のことを申し出て下さい。
    加入している健保組合は「スズケン健康保険組合」
    受診する健診種類は「健保連契約の人間ドック(1日ドック)」
    利用券は「健保組合から直接健診機関へ送付する」
※受診日を変更する必要が生じた場合、すみやかに健診機関、健保組合、会社へ連絡してください。
●当健保組合に加入している社員およびその家族
「人間ドック申込書兼がん検診申込書こちら
および「質問票」に記入し、必ず受診日の3週間前までに(被保険者の方は事業所の担当部署を経由して)健保組合へ提出してください。
●任意継続被保険者
「人間ドック申込書兼がん検診申込書こちら
および「質問票」に記入し、必ず受診日の3週間前までに健保組合へ提出してください。

受診の際に必要な受診券を健保組合から健診機関へ発送いたします。
※質問票は両面コピーせず、必ず別にして提出してください。
健診機関から、問診票等が送付されてきますので、指示に従って準備を行い、受診してください。
受診後、健診機関による検査結果の説明を受け、必要に応じて保健指導等を受けてください。また、「再検査」「要精密」「要治療」と判定された場合、健診機関に相談のうえ、必要に応じて医療機関を受診してください。
健診料の支払い
●契約健診機関で受診した場合
・当健保組合に加入している社員

健保組合が、健診料全額を健診機関へ支払い後、事業所を通じて一部負担金の金額を被保険者の方へ通知します(被扶養者分含)。すみやかに「健保組合指定口座」にお振込みください。
当健保組合は、受診者が定期健康診断を兼ねているか否かに関わらず、被保険者および被扶養者の一部負担金は、事業所を通じて被保険者へ通知します。
※一部負担金を給与から天引きしている事業所もあります。被保険者は、あらかじめ自分の所属する事業所の通知方法および給与天引きの有無をご確認ください。
・任意継続被保険者
健保組合が、健診料全額を健診機関へ支払い後、一部負担金の金額を被保険者の方へ通知します(被扶養者分含)。すみやかに「健保組合指定口座」にお振込みください。
<スズケン健康保険組合指定口座>
振込み手数料は、受診者負担でお願いします。
●振込先銀行:三菱東京UFJ銀行 大津町(オオツマチ)支店
●口座番号:普通預金 191612
●口座名義:スズケン健康保険組合
●契約外健診機関で受診した場合
当日健診料を全額健診機関へお支払いいただき、後日、「人間ドック補助額請求書(契約外健診機関)兼がん検診補助額請求書(乳がん・子宮がん・前立腺がん)」に記入の上、領収書原本(受診者個人名宛)と検査結果の写しを添付し、健保組合に提出してください。受診者の指定した口座に一部負担金を除いた額を振込みます。
※領収書には、事業所名等、個人名以外の名称を宛名に入れないよう依頼してください。
※契約外健診機関を受診された場合、健保組合にて検査項目と健診料の不足項目がないか確認が必要なため、受診が集中する時期にはご請求からお支払いまで3〜4ヵ月程度時間を頂戴することがあります。あらかじめご了承ください。(支払時期に関するお問い合わせは極力ご遠慮ください)
地域的な事情以外、契約健診機関での受診をお願いします。
健診結果の受取
契約機関で
受診した場合
結果表は、健診機関から直接健保組合が受け取ります。
※契約外健診機関で受診した方は、補助額請求書に結果表のコピーを添付して健保組合へ提出していただきます。
健診結果
保健指導
対象者情報等
の共同利用
当組合は、全被保険者(従業員)の健康管理を効率的、効果的に推進するため、加入事業所とともに健康診査、健康診査結果に基づく事後フォロー事業(糖尿病リスク者向け保健指導、特定保健指導、医療機関等への受診勧奨及び受診確認)を共同で実施しており、これらの情報を共同利用しています。

事業所との個人情報の共同利用についての公表 
定期健康診断
の受託
※当健保組合に
加入している
社員のみ
人間ドックの受診で事業所の定期健康診断を受診した扱いとします。
事業所が指示する方法で、健診結果を事業所へ提出してください。健診結果により、事業所から受診、経過報告等の指示がある場合は、従ってください。



前のページへ戻る   このページのトップへ

Copyright © since 2005 スズケン健康保険組合 All Right Reserved.